[ 福岡の【看板百貨スキヤキ】販売促進支援・看板製作・印刷などで売上アップをサポート ] 効果的な販促物とは

[看板百貨スキヤキ]は福岡市の雑餉隈(ざっしょのくま)を中心に販売促進の支援をしています。
新規開店や売上アップのご相談から、チラシなど各種印刷物・看板・Tシャツ・ホームページまでトータルに制作しています。
[看板百貨スキヤキ]販促物とPR用品の専門店

tel.jpg

HOME > 効果的な販促物とは

[ 目的別プロモーション ]

販売促進を成功させるために、効果的な販促物や看板の作り方をまとめてみました。

売り上げをアップしたい

suit.png売り上げを伸ばすには、魅力的な部分や得意な部分はどこかを見つけ、それらを磨き、人にどんどん伝えて行く事が重要でかつ早道です。

そんな時忘れがちなのが、
売上は何で構成されているか?です。
『  売上 = 客数 × 客単価 』ですよね!

両者を増やす手段は根本的に違うのですが、
あなたは、客数客単価 のどちらを優先しますか?

そこで冒頭で述べましたが、今あなたの会社、お店が持ってる経営資源(人、物、金、知恵、客層、環境、ノウハウ、経営者の願望などなど)は客数を伸ばすのに有利ですか? 客単価を伸ばす事に有利ですか?
考えて、答えが出たら、効果的な方法が見えて来ると思いますヨ!

客単価を上げたい

flower.png客単価を上げるには値上げをすのが一番の早道ですよね。ただこれでは客数を減らしてしまい、売上はダウンすることは誰にも解る事です。
経営で客単価を上げると言う事は、客数は維持をするのが大前提です。
お客様は、大切なお金は減らしたくはありません。その中で、お客様に少しでも多くのお金を出して頂くためには“納得”“満足”を提供しなくてはなりません。

客単価は何で構成されてますか?
『 客単価 = 商品単価 × 購入点数 』ですよね!

商品単価を上げる方策購入点数を増やす方策はまったく違います。
現在の商品やサービスに付加価値をプラスしてクオリティを上げなくては、お客様の“納得”“満足”は頂けません。さて、あなたのお店の経営資源ではどちらを伸ばすのに有利ですか?

客数を増やしたい

GUITER.pngお客が多く活気があるお店、いいですよね。では、そんなお店も最初からお客様が多かったのでしょうか?
経営の最大の目的はこの“お客をつくる”事から始まります。お店を存続・発展させていく為には、粗利が必要です。その粗利はお客様からしか頂けないからです。

では、一つ一つ分けて考えてみますが、
客数は何で構成されてますか?
『 客数 = 固定客 + 新規客(紹介+口コミ+飛び込み)』です。

そこで、あなたのお店のおかれてる諸条件の下で、あなたはどの範疇のお客様をどれくらい増したいか?その時、あなたのお店の人、物、お金、時間をどう配分するのが良いか検討してみて下さい。きっと費用対効果の高い販促活動が出来ますよ。

新規のお客様を増やしたい

新規.png『新規のお客様を増やしたい!』お店を経営する人なら誰しも願う事ですよね。
ですが、非常にやっかいな問題ですね。未だ見ぬ不特定多数の人の中から、自分のお店に如何にして来てもらうのか?これもまた雲を掴むような話ですね。むやみに販促活動すると大切なお金が産業廃棄物に変わりかねません。では、整理して考えてみましょう?

未だ見ぬ不特定多数の人は『なぜ、あなたのお店に来てないのか?』原因は大きく分けると。3つあります。

  1. (今は)ニーズがない。
  2. あなたのお店の事を知らない。
  3. 競争相手に負けている。

1.にいくらお金をかけても効果は上がりません。よって2.や3.に対応していくのですが、これまた方策が全く違います。
あなたのお店を取り巻く環境とあなたのお店が持ってる経営資源(人、物、金、知恵、客層、環境、ノウハウ、経営者の願望などなど)とのバランスを考えてみると打つ手が見えてくると思います。

固定客を増やしたい

SUSI.png初めて来たお客様が2度、3度来てくれると嬉しいですね。ではその為にはどの様にしたら良いのでしょうか?
品質、料金、サービス、雰囲気などでお客様に不満を与えたら二度と来てくれることはないでしょう。
ただ不満を抱かず帰ったお客様がが、また来て頂けるとは限りません。その場合、再来店頂けない理由は何でしょう?

  1. 忘れ(かけ)られている。
  2. 競争相手に負けている。 

そこで1.や2.に対応して行かなければならないのですがこれまた方策が違います。
ただいずれにしてもやっておかなければならない事があります。
それは“再来店頂く仕掛けを作り”です。これをやっておくと忘れられにくくなり、競争相手とも戦いやすくなりますよ。さあ知恵を絞って“仕掛け”しましょう。

ページの先頭へ